コンセプトに基づく店舗デザインとは

飲食店の外装や内装は大切なお店の顔。ファサードや看板などの外観は、お客様を呼び込むための大切な広告の役割を果たし、居心地の良い内装とインテリアは「またこの店に来たい」と思って頂くための重要な要素になります。

奇をてらっただけのデザインでは、最初は目を引くものの、すぐに飽きられてしまいます。店舗デザインには、確かに遊び心も必要ですが、お店のコンセプトから逸れてしまうのは避けなければなりません。

コンセプトを明確にするためには、「誰に・何を」というマーケティングと、「どこで・どのように」という空間イメージをしっかり持つことが最も重要です。この点がはっきりすれば、必要な機能と、そのための具体的な方法が見えてくるのではないでしょうか。

また内装はコンセプトを表現すると同時に、働く人の効率に大きな影響を与えます。スタッフの動線とお客様の目線を視野に入れ、厨房と客席のバランスや客席レイアウトを考えていくべきでしょう。

白金台の「ラ ゴッチャ トウキョウ」はワインをベースにしたイタリアンのお店です。ワインと東京発にこだわるワイン好きのオーナーが、何年も暖めてきたコンセプトを具体化するプロジェクトのパートナーとして、インティを選んでくれました。

施工の数ヶ月前から打合せを積み重ね、お互いのアイデアを出し合って大人の遊び心をくすぐるお店を目指しました。

ワインボトルをかたどった大きな窓と、たくさんのボトルをディスプレイした入口は、遠くからも目を引いてお客様の好奇心を刺激します。店内に入るとそこは物語に溢れたひとつの街。ワイン樽と同じナラ材でできた天板を持つカウンターを中心に、ワイン産地を表す壁面の地図や、隠れた場所にワインを運ぶ船「ラ ゴッチャ号」を配置するなど、細部にわたってストーリー性を持たせました。

全てのインテリアがスタッフとお客様との会話のきっかけを作るコミュニケーション・ツールとして計算されています。最初に「お客様にワインとお食事を楽しんでもらう」というしっかりしたコンセプトがあったため、全体の統一感が生まれ、何度も足を運んでもらえるお店を作ることができたと思います。



インティは物件探し・資金計画から設計施工までトータルでお手伝いしております。
バランスの良いご開業こそが繁盛店への近道、どんなことでもご相談下さい。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■ バックナンバー一覧 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1.「バル開業」に求められる事 「Winebox Barco」

2.ラーメン店として独立するには  麺屋「ぶらいとん」

3.独立して日本料理のお店を持つには  「やなぎ澤」

4.2店舗目へステップアップするには 「ワイン酒場ヴィンゴ」

5.異業種から転職して独立開業するには? 欧州カレー専門店「ソレイユ」

6.焼肉店として独立、開業するには 「炭火焼き肉 しゃ楽」

7.コンセプトに基づく店舗デザインとは 「ラ ゴッチャ トウキョウ」

8.個性を打ち出したお店をつくるには 「えひめ宇和島 海賊どんぶり」

9.小規模店で成功するには 「Variante (ヴァリアンテ)」

10.女性オーナーが開業するには キッチン・カフェ「ラポム」

11.看板でお客様を呼び込むには 「居酒屋 けむり」



【掲載企業】株式会社 インティ http://www.inty-inc.co.jp
所在地:渋谷区代々木 3-46-16 小野木ビル 502
電話:0120-707-136




店舗・物件情報に関するお問い合わせ

  • STEP 01お問いあわせの入力
  • STEP 01入力内容の確認
  • STEP 01サンプルテキスト完了
御社名 又は 店舗名
お問い合わせの目的 新規開業
新規お取引先開拓
追加出店
商品・サービスに関するお問い合わせ
その他
業態
お名前 【必須】
メールアドレス 【必須】
電話番号 - -
都道府県
ご住所
ご連絡希望時間
お問い合わせ選択 【必須】

飲食業界.comに掲載されている商品やサービスの






お問い合わせ内容

※なるべく詳しくご記入ください

ページトップへ