• HOME>
  • ニュ-ス>
  • 【第3期】イタリア全20州のワインが学べる通信講座
  • 16/03/14

    【第3期】イタリア全20州のワインが学べる通信講座

【第3期】イタリア全20州のワインが学べる通信講座

株式会社Vino Hayashi(ヴィーノ・ハヤシ)が、イタリア最優秀ソムリエ林 基就(はやし もとつぐ)監修の「イタリアワイン通信講座」第三期生を募集します。

「イタリアワイン通信講座」



◆都心だけでない学習環境を提供します

 国内のワイン消費数量はここ数年右肩上がりで増えており、「第7次ワインブーム」と呼ばれ活況を呈しています。

ワインを身近に楽しむ愛好家が増えてきている一方、学びの場としてのワインスクールは都心の限られた場所にしかありません。

 また、ワインスクールの多くはフランスワインに偏りがちで、国別ワイン生産量世界一、二を争うイタリアをメインにするスクールはほとんどありません。

 そこで弊社では、2015年春に「イタリアワイン通信講座」を開講いたしました。毎月テキストとその内容に沿ったワインを2本お届けし、教室に通うことなく、お好きな時間に、お好きな場所で、複数人でも楽しむことができる業界初のワインの通信講座となります。4月に第一期生、10月に第二期生を募集し、定員を上回るお申し込みで大変ご好評頂いた講座の第三期を、2016年4月に開講致します。


◆「イタリアワイン通信講座」の概要

【募集時期】募集中(定員に達し次第、即終了)
【開始時期】2016年4月下旬
【特典内容】
毎月お届け・・・テキスト、イタリアンワイン2本(全24本)
初月限定・・・・ワイングラス4種類、特製バインダー
【講座回数】全12回(毎月20日頃発送)
【料金体系】月額10,584円×12ヶ月継続
【詳細ページ】
・全12回で、イタリア全土20州の特徴とイタリアワインについて詳しく学ぶことができます。
テイスティングやグラスの選び方の基礎となる、4種類のワイングラスをお届けします。
・通信講座のため、自宅で、好きな時間に、家族や友人と楽しみながら学ぶことができます。
・疑問点にはワインのプロがメール回答。受講生同士での意見交換や情報共有ができるサービスも提供します。
・ワインスクールではあまり教えられない、イタリアのワインについて詳しく追求して勉強することができます。
・ワイン醸造から、ワインライフに役立つコラム、イタリア各州とイタリアワイン・品種について、お料理との合わせ方などを勉強します。
・ワインの通信講座としては業界初の試みです。
・第一期、第二期共に定員に達し、大変ご好評を頂いております。



■株式会社Vino Hayashiについて

 2010年11月に、イタリア在住現役ソムリエ 林 基就が、実弟の元商社マンである林 功二と共に設立したワインの輸入・販売会社。ワインとともに“ワインボトルの向こう側”をお届けするため、兄弟でイタリア各地のワイナリーに足を運び、買い付け、撮影・取材を行っている。

商号  : 株式会社Vino Hayashi (ヴィーノ・ハヤシ)
代表者 : 代表取締役 林 功二
所在地 : 東京都中央区日本橋蛎殻町1-6-9 福田ビルB1F
設立  : 2010年11月1日
事業内容: ワインの輸入・販売
HP:
http://store.vinohayashi.jp/


■林 基就プロフィール
・1975年生まれ。愛知県名古屋市出身。2000年に渡伊。イタリア ミラノ在住。
・2001年、名店「グアルティエロ・マルケージ」(エルブスコ)にソムリエ見習いとして採用後、セカンドソムリエに。
・2003年、マルケージのローマ店「オステリア・デル・オルソ」に勤務。
・2005年より、ミラノの「トラサルディ・アッラ・スカラ」にてチーフソムリエを務め、リニューアルオープン時に500種類のワインリストを作成し、話題となった。
・2007年より6年半、ミシュラン3つ星をイタリアで最も長く獲得している伝統料理の名店、「リストランテ・ダル・ペスカトーレ」(マントヴァ)にて、チーフソムリエを務める。
・2009年10月、エスプレッソ誌のレストランガイドブック『イ・リストランテ・ディタリア 2010』において、最優秀ソムリエを受賞。
・2010年、ワインの輸入・販売事業を行う株式会社Vino Hayashiを設立し取締役に就任。
・2012年、第14回国際ワインアワード『オスカー・デル・ヴィーノ 2012』において、最優秀ソムリエ賞を受賞。
・2015年、農林水産大臣、経済産業大臣より、ミラノ万博日本館サポーターに任命される。





ページトップへ